3代目MPVについて

【お知らせ】

 

 

マツダの大型ミニバンMPVが販売されたのは2006年から現在に至るまでです。

テレビCMでも見かけたキャッチコピーは「スポーツカーの発想でミニバンを変える」というものでした。

これによりデザインも大幅に変わりました。
2代目よりもよりスポーツカーに近いデザインになりました。
また曲線を多く取り入れており今っぽいデザインに仕上がっています。

私の知り合いも新型のMPVを購入しましたが、それを見たスポーツカー好きの友人がこんなミニバンだったら欲しいとうらやましがっていました。

ボディサイズも大型になりました。

幅は1850MMと国内の普通自動車の中では最長の長さとなったのです。
しかし見た目は車高がそんなに高くない分その長さをあまり感じさせません。

その分室内空間も広くなったのでよりゆったりと座っていただけるようになっています。
しかし2列目のシートに関しては2人がけ、3人がけにもできるカラクリシートを引き続き使用しています。

2人がけにするととてもゆったりと座れるシートなのですが、3人がけにするとやっぱり狭いです。
おまけに真ん中の場合はヘッドレストがないために、長距離走るとなるとちょっと辛いかもしれません。

そしてエンジンもマツダが開発したDISIというエンジンを採用しています。
このエンジンはマツダの車種であるアテンザで使われるようになってから、広くマツダで採用されるようになったエンジンです。

もちろん環境性能も以前より大幅に改善されています。

Bookmarks
Archive